福岡、鹿児島、熊本からの合宿免許は宮崎のNyifffへ。食費、宿泊費が無料。普通車免許が格安で取得できます。

Nyifff

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
インターネットから
車に関する知識集ついて
災害などの発生時の対策について
のご案内

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか?
合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

災害などの発生時の対策について

◤自動車運転時に警戒宣言が発せられた場合

自動車の運転時に警戒宣言の情報が入った場合、まずは地震発生に備えて運転速度を十分に減速し、自動車の場合はカーラジオなどで地震情報や現在&これからの交通情報を把握し、速やかに最善の行動をとるようにしましょう。
自動車を放置して非難を余儀なくされる場合は道路外の場所に自動車を停車させてから避難をしましょう。
道路上でしか自動車を放置できない場合は道路の左端に車を寄せて駐車してエンジンをとめてます。
エンジンキーはつけたままにして、四輪自動車の場合は窓を閉めてドアロックはせずに貴重品を携帯しておきましょう。

◤ここで交通事故関連の記事などを御紹介!

人の命を簡単に奪う交通事故・・・・一緒に日本全国の交通事故関連情報をみていきましょう。
2003年栃木での交通事故関連記事
栃木県氏家町で98年に起きたひき逃げ死亡事件で、遺族から任意提出を受けた衣類などの証拠品を氏家署が紛失していたことが分かり、同県警監察課は27日、当時の担当者4人を処分したと発表した。
同課によると、当時の同署交通課係長の警部補を本部長訓戒、同課長の警部と同課員の巡査部長2人を本部長注意処分とした。処分したのは今月5日だった。
このうち、警部と警部補は00年7月に発生した交通死亡事故で、遺族が出した告訴状を放置したなどとして01年8月、戒告の懲戒処分を受けていた。
調べでは、98年3月、同町の国道4号で、近くの無職、伊沢清さん(当時74歳)が乗用車にひき逃げされ死亡した。遺族が昨年7月と11月に遺品の返却を求めたところ、紛失が判明、当時の署長らが遺族に謝罪した。
このひき逃げ事故で、県警は県内の男を業務上過失致死の疑いで指名手配しており、時効が3月28日に迫っている。(毎日新聞)
*事項が成立しても一生こころの中に罪の意識は残ります。
事故を起こしたときは隠蔽やひき逃げなどは絶対にしてはいけません。

Nyifff合宿免許のご案内

九州の福岡、熊本、鹿児島、長崎等はもちろん、関東や
関西からも人気の合宿免許です。宮崎県内からもご参加できます。
運転免許は環境第一。お一人お一人を大事に教習しています。




avtomaticheskij-poliv.com.ua

cl24.com.ua

https://tsoydesign.com.ua

■姉妹校と関連企業■