福岡、鹿児島、熊本からの合宿免許は宮崎のNyifffへ。食費、宿泊費が無料。普通車免許が格安で取得できます。

Nyifff

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
インターネットから
車に関する知識集ついて
摩擦抵抗の利用の
ご案内

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか?
合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

摩擦抵抗の利用について

◤摩擦抵抗の利用について

運動している物体というのは、外から力を加えない限り、そのまま運動を続けようとします。
これを俗に慣性の法則といいます。
走行中の車はギアをニュートラルに入れても走り続けようとする慣性があります。この車を止めるには、ブレーキの摩擦抵抗を利用します。
つまり、慣性を摩擦抵抗でコントロールするというわけです。
しかしながら、摩擦抵抗には限界がありますから、その限界内でコントロールできないときは、障害物を認めてブレーキをかけても、その手前で車を止めることが出来ずに衝突したり路外に飛び出したりします。
摩擦抵抗の限界は常に一定しているわけではなく、ブレーキ装置の状態やタイヤと路面との摩擦係数によって変わってきます。

 

◤規制速度と法廷速度について

①規制速度
車や路面電車は、標識や表示によって最高速度が指定されている道路では、その速度【規則速度】を超えて運転してはいけません。
ただし、原動機つき自転車は、標識や表示によって時速30キロメートルを超える最高速度が指定されている道路であっても、時速30キロメートルを越えて運転してはいけません。
補助標識によって特定の車の種類に限って最高速度が指定されている道路では、その車種の車は、その最高速度をこえて運転してはいけません。
②法定速度
標識や表示によって最高速度が指定されていない道路【高速自動車国道を除く】では、車の種類によって定められる最高速度【法定速度】を超えて運転してはいけません。

Nyifff合宿免許のご案内

九州の福岡、熊本、鹿児島、長崎等はもちろん、関東や
関西からも人気の合宿免許です。宮崎県内からもご参加できます。
運転免許は環境第一。お一人お一人を大事に教習しています。




http://xn--48jm9l298kilg8rghvi.com

www.kompozit.ua

www.eva-mebel.com.ua

■姉妹校と関連企業■