福岡、鹿児島、熊本からの合宿免許は宮崎のNyifffへ。食費、宿泊費が無料。普通車免許が格安で取得できます。

Nyifff

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
インターネットから
車に関する知識集ついて
交通事故の悲惨さについて
のご案内

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか?
合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

交通事故の悲惨さについて

◤特徴的な交通事故の実態について

自動車や二輪バイクなど現在世の中には便利でかいてきな乗り物が多数存在しています。これらの乗り物なしでは人間は生活が出来なくなってしまうほど前代社会にはなくてはならない存在であることも事実です。
しかし、そういった乗り物は違う方向から見ると悲惨な交通事故を発生させる究極の恐ろしい凶器ともいえるのです。
こういった自動車社会である現代において交通事故というのは毎日のように発生し多くの犠牲者と加害者を生み出しているのです。

◤ここで交通事故に関する記事を御紹介!

人の命を簡単に奪う交通事故・・・・一緒に日本全国の交通事故に関する記事をみていきましょう。
香川県の交通ニュース
(4月から傘をさしての運転も取り締まり対象です)
増加傾向にある自転車の交通事故を減らすため、県警は10日、自転車の交通違反取り締まりを行った。四国管区警察局内一斉取り締まりに伴うもの。(自転車事故が急増しています)
国道11号などの主要道や通学路など県内全域の42カ所で実施。高松市栗林町1の栗林公園前の路上では高松南署員8人が、信号無視をする自転車を見つけ指導警告書を渡すなどして安全運転を呼びかけていた。
(並走も道路交通法で禁止されています)
2台で広がって走っていて警告を受けた、男子学生(23)は「違反という意識があまりなかったのでびっくりした。事故が多発しているようなので気を付けたい」と反省した様子だった。
◇自転車の死者、今年もう5人
昨年の香川県内での自転車絡みの交通事故は2195件と10年間で約1・4倍に増加。
今年に入って9日現在の自転車による交通事故の死者数は5人(前年0人)と、ハイペースとなっている。【毎日】

◤若年運転者の死亡事故について

若年運転者の死亡事故は特に16歳から24歳までによる事故が大変多いようで特に、自動二輪車の事故が目立っているのが現状です。
無謀な運転を行ったり、漫然とした運転を行ったりする傾向があるようでそういったことが若年運転者の死亡事故の原因のひとつとしてあげられます。

Nyifff合宿免許のご案内

九州の福岡、熊本、鹿児島、長崎等はもちろん、関東や
関西からも人気の合宿免許です。宮崎県内からもご参加できます。
運転免許は環境第一。お一人お一人を大事に教習しています。




https://renesans-centr.kiev.ua

surrogacycmc.com

https://unc-mps.com.ua

■姉妹校と関連企業■