福岡、鹿児島、熊本からの合宿免許は宮崎のNyifffへ。食費、宿泊費が無料。普通車免許が格安で取得できます。

Nyifff

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
インターネットから
車に関する知識集ついて
自動車走行中に大地震について
のご案内

交通安全についていろいろなパターンから分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか?
合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない交通安全についてここにまとめてみました!

自動車走行中に大地震について

◤自動車走行中に大地震が発生した場合

自動車走行中に大地震が発生すると激しい新藤を受けてしまいハンドルが取られてしまうことがあります。
このような状況で運転する場合はしっはりとハンドルを握り締めて急ブレーキや急ハンドルをさけてできるだけ安全な方法をとり道路の左側に車を停止させましょう。
車停止後は自動車の場合はカーラジオなどで地震情報や交通情報を聞くと同時に周辺環境を把握してその場の状況に適した行動をとるようにしましょう。

◤ここで交通事故例を御紹介!

人の命を簡単に奪う交通事故・・・・一緒に日本全国の交通事故例をみていきましょう。
宮崎県の交通事故ニュース:毎日新聞 2004年9月24日
宮崎地裁(高原知明裁判官)は24日、通行禁止の道で車を運転し道交法違反罪に問われた朝日新聞東京本社経済部記者、山田遣人(けんと)被告(29)に、求刑通り罰金7000円を言い渡した。
判決などによると、山田記者は宮崎支局勤務だった昨年10月25日未明、車の夜間通行が禁止されていた宮崎市内の市道で乗用車を運転。交通反則切符を切られたが、署名を拒否して反則金を納めず、今年5月に書類送検された。
高原裁判官は「取り締まりに不満を述べ『私は新聞記者だ。このことを記事にする』などと言い、圧力をかけたと思われても仕方ない」などと指摘した。
朝日新聞西部本社広報センターは「判決を重く受け止めるとともに、社内規定に従って厳しく対処します」とのコメントを出した。
*道路交通法は新聞記者だけに特別な取締り免除を行ったりはしません!
自分だけが特別だという考えの自動車運転は大変危険ですね。

Nyifff合宿免許のご案内

九州の福岡、熊本、鹿児島、長崎等はもちろん、関東や
関西からも人気の合宿免許です。宮崎県内からもご参加できます。
運転免許は環境第一。お一人お一人を大事に教習しています。





そこ

Patent invention in Russia

surrogacycmc.com

■姉妹校と関連企業■