福岡、鹿児島、熊本からの合宿免許は宮崎のNyifffへ。食費、宿泊費が無料。普通車免許が格安で取得できます。

Nyifff

公安委員会指定 | 格安の合宿免許

お電話でのお申込み
インターネットから
車に関する知識集ついて
バッテリーについての情報
のご案内

車に関する知識集についていろいろ分析しよう!初歩的なことからマニアックな情報までいろいろまとめました。

運転免許取得をこれからお考えの方、すでに運転免許を取得されている方も運転免許に関する用語について一緒に勉強&復習をしてみませんか?
合宿免許を今後お考えの方も知っておいて損はない車に関する知識集についてここにまとめてみました!

バッテリーに関する情報をご紹介

◤バッテリーについて

バッテリーの役割とは・・・・・
バッテリーは自動車の心臓部分といえます。エンジン始動時をはじめ、ヘッドライトやブレーキランプなどの各種ランプ類、カーナビ、カーオーディオやワイパー、パワーウィンドウ、時計など、多くの電装品を正常に働かせる役目があり車を動かす最重要部品といえます。

◤バッテリーの管理について

バッテリーの液は自動車を運転すると減少します。
最近のバッテリーは液減りの少ないメンテナンスフリータイプが主流になっていますが、液減りしないわけではないのでそこの部分を認識しておいたっほうがよいと思います。バッテリー液が最低液面線以下の状態で使用し続けますと、バッテリーの寿命を縮めるばかりでなく、破裂(爆発)を引き起こす可能性も出てきます。
少なくとも1ヶ月に1度は液面点検をし、液が最高液面線と最低液面線の半分以下に低下している場合は、精製水を補充してください。
※最高液面線以上に補充すると、振動などで液があふれ、車両を損傷させる場合があるので、注意してください。

◤バッテリーの詳しい点検方法について

液面点検について・・・ バッテリーの側面から点検します。液面が「UPPER LEVEL」(最高液面線)と「LOWER LEVEL」(最低液面線)間の半分以下に低下している場合は、ただちに「UPPER LEVEL」まで精製水(市販のバッテリー補充液など)を補水してください。補水後は、液口栓をしっかり締めてください。
※液面点検は日常点検として法律(道路運送車両法)で義務付けられています。少なくとも1ヶ月に1回は点検して下さい。

比重点検について・・・ 1.240(20℃)以下を目安として補充電してください。

接続点検について・・・ 端子が緩んだり腐食すると抵抗が増え、始動困難や端子のスパークなどで端子が損傷することがありますので、端子のゆるみがないことを確認してください。また、端子部に腐食が確認された場合は清掃してください。
外観点検について・・・ 本体にヒビ、割れ、欠け、液もれ、及びキャップ(液口栓)の排気孔にゴミなどの付着物がないことを確認してください。上面の汚れ・水分はリークにつながりますので、湿らせた布で拭き取ってください。乾いた布で拭くと、静電気で電池を破裂させることがあります。

取付点検について・・・ がたつきがないよう取付金具でしっかりと固定してください。

◤バッテリーの寿命ってどのくらいなんでしょう??

同じバッテリーでも使用条件、使用環境、メンテナンス(日常点検)、車両側の充電装置、取り付け場所などの要因によって寿命はさまざまだといえます。
乗用車では電池の交換の目安は約3年というのが一般的です。
それ以上使用すると、液減りが加速し内部の部位の劣化が進みますので、安全な走行を続けるためには早めの交換が無難だといえます。。

Nyifff合宿免許のご案内

九州の福岡、熊本、鹿児島、長崎等はもちろん、関東や
関西からも人気の合宿免許です。宮崎県内からもご参加できます。
運転免許は環境第一。お一人お一人を大事に教習しています。




xn--48jm9l298kilg8rghvi.com

www.kompozit.ua/

progressive.com.kz

■姉妹校と関連企業■